香川県議会議員/香川県会議員/三野やすひろ/三野康祐/香川県/高松市/中野町/社民党/社会保険労務士/行政書士
 
MINO YASUHIRO
香川県議会議員・三野やすひろと県政を考える会HP・トップ
決意表明
私の提言
県政報告ネットワークだより
県議会報告(質問)
ご意見箱
後援会入会のご案内
リンク
三野やすひろのつぶやき…blog
三野康祐 後援会 連絡先
 
 
 
 
 
 
ホーム > プロフィール
 
 
三野康祐プロフィール
昭和31年に塩江町で生まれる。
塩江小学校、紫雲中学校、高松第一高等学校、
香川大学経済学部卒業。
昭和55年香川県庁に入庁、県庁では、消防・防災、土木、商工金融、病院、税務、消費者・環境、交通行政の分野に25年間携わる。
同時に、多くの職場の仲間とともに県に対する制度・政策提言に積極的に関わった。特に、財政問題に精通し、平成16年の県財政危機の時には、「香川県財政 を考える県民会議」の事務局で中心的な役割を果たし、現場第一線で働く職員の代表として県財政再建に関する提言をまとめ、過去の無責任な財政運営を是正さ せるために精力的に取り組んだ。現在も仲間とともに県財政分析を続け、県の財政運営のチェックを行っている。
今後10年間が香川県にとって、市町合併が進行したもと、県と市町の役割分担、市町の補完・支援機能としての広域自治体のあるべき姿について本格的な議論が始まる重要な時期になる。真の地方分権を確立するために、現場で働いた立場の人間として、この議論に参加したい思いから、平成18年8月の香川県議会議員補欠選挙(新高松市選挙区)に挑戦し、初当選する。翌年、4月の統一地方選挙で再選する。
また、社会保険労務士・行政書士の資格を持ち、医療・年金制度、許認可制度にも詳しい。
家族:父 優美(元衆議院議員・元県議会議員)  母 幸子  妻 妙子(幼稚園教諭)  子ども 娘2人


三野やすひろ 後援会事務所のご案内